株式会社神奈川こすもすが運営する葬儀・お葬式・事前相談・事後の手続に関する総合相談サイト

清水宏明

お葬式に関するQ&A

ガイド:清水宏明  ブログ:正しい家族葬のススメ

一級葬祭ディレクター 年間50回以上のお葬式セミナーを開催し、お葬式費用の低価格化と葬儀情報公開に努める。東京新聞TODAYにコラム「お葬式なんでもQ&A」を連載中。

 

仏壇の扉

先日、父の葬儀を済ませました。菩提寺の住職さんから仏壇にもお参りするようにと言われ仏壇の扉を開けてありますが、親戚から49日の間は仏壇を閉めておくものだと言われました。どちらが正しいのでしょうか。

(62歳女性)

葬儀の際に仏壇の扉を閉めるという考えは、仏教的な発想では無く、元々は神道のしきたりから来たものと思われます。
神道では「死者や葬儀は穢(けが)れ」と考え、その「穢れ」を嫌うため、家に死者が出ますと忌や喪が明けるまで神聖な神棚をそのような穢れから遠ざけなければならないと考え神棚を封鎖いたします。
ご葬儀後には四十九日法要が終るまで神棚に白い半紙などを貼って閉じるのが一般的ですが、親戚の方はお仏壇と神棚を同じように考えてそのようなことを言われるのだと思います。
実際はお仏壇と神棚は考え方が違うものなのですが、どうもこの風習がいつのまにかお仏壇にも波及したという可能性があります。仏教にはそもそも死が穢れであるという観念はありません。ですからお寺様でご不幸があってもご本堂を閉めることはありません。
このことから考えると菩提寺の住職さんが言うとおり仏壇は開けておくのが正しいと言われています。一方では、既存の仏様に対して、「しばらくの間、新しい仏様にかかりきりになりますので、申し訳ありません」という理由で扉を閉めるという意見を聞いたこともあります。
こういった考え方が地域の習慣になって仏壇の扉を49日まで閉めるというところもあります。宗旨や宗派によってもいろいろな考え方があるので菩提寺のご住職さんに聞いてみるのが一番良いかと思いますが、いずれにせよ、新しい祭壇と既存のお仏壇の両方にきちんとお給仕することが本来のありかただと思いますので、是非お仏壇の扉は開いて供養をしていただきたいと思います。

 

「お葬式なんでもQ&A」では専門家への質問を募集しています。

「お葬式なんでもQ&A」では、あなたの質問や疑問を募集しています。
掲載された方にはお葬式準備室より記念品を贈らせていただきます。掲載の際、個人名などは伏せさせていただきますEメールでこちらより必要事項にご記入の上、応募ください。

※ご応募いただいた後、お葬式準備室編集部で内容の選考後、ご質問への専門家からの答えとともに掲載させていただきます。
※選考の結果発表は、記念品の発送と掲載をもって替えさせていただきます。
※送信していただいた内容は、お葬式準備室への掲載及び記念品の発送以外には利用いたしません。

お葬式準備室編集部

 

お葬式に関するQ&A

家族葬とはどんなお葬式なのですか?密葬との違いは?

よいお葬式を行うためにはどうすればいいのか

医師に入院中の父の危篤をつげられました

お葬式の費用ってどれぐらいかかるんですか?

お彼岸の供養

葬儀の施主と喪主の違いは?

市民葬ってなんですか?

お盆の迎えかた

参列の服装

お焼香の作法

家族葬が増えている?

事前相談は必要?

散骨する場合に気をつけること

喪中の正月

お清め塩

仏壇の扉

葬儀後の法要

index


トップページへ

ニュース

2010/1/31
スペシャル対談の掲載期間が終了しました。たくさんの方々にご覧いただきありがとうございます。
2009/2/6
新着お葬式なんでもQ&Aを追加!

ピックアップ

特集:手元供養品
遺骨を納めるアクセサリー

用途リンク 教えてお葬式

ブログ


リンク

直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス東京
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス横浜
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス川崎
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス湘南
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス三重

直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス奈良
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス熊本

葬儀のこすもす 祈りと癒しの店 みかげのたま
葬儀のこすもす祈りと癒しの店
みかげのたまオンラインショップ

現代供養.COM現代供養.COM