株式会社神奈川こすもすが運営する葬儀・お葬式・事前相談・事後の手続に関する総合相談サイト

お葬式後の申告−健康保険と年金から出るお金

健康保険から出るお金

民健康保険の場合
加入していた本人(被保険者)や扶養家族が死亡した場合、葬式の費用(「葬祭費」や「葬祭の給付」など呼ばれることもあります。)として一定の金額が支給されます。
もらえる金額については3万円から7万円までと、市区町村により差があります。
手続き窓口は役所の国民年金保険課です。葬祭費の申請をする時には、当然のことながら事前に役所の戸籍課に死亡届が出されていることが前提です。
手続きに必要なものは国民健康保険証と受給者(喪主の場合が多い)の印鑑です。
この支給は申告制になっていますので、所定の書類を提出して申請します。申請のない場合、支給されることはありません。申請期間は亡くなった日から2年以内です。
市区町村によってはこの他に会葬礼状や葬儀社からの領収証など、喪主が誰かわかるものを提出するよう求められることもあるようです。あらかじめ国民健康保険の係に電話などして確認しておくことをお勧めします。

社会保険の場合
加入していた本人が亡くなった場合には埋葬料として給与の1カ月分(標準報酬月額)、最低10万円から最高98万円を受け取ることができます。
給与が10万円以下だった場合、例えば9万円であっても10万円がもらえます。また、健康保険に加入している本人の扶養家族が死亡した場合は、家族埋葬料として10万円を受け取ることができます。
埋葬料の受け取りの手続きは申告制になっていますので、社会保険事務所または勤務先が加入している健康保険組合に所定の書類を提出して申請します。
手続きに必要なものは、勤務先による証明、死亡診断書、健康保険の保険証、それに印鑑です。
申請期間は亡くなった日から2年以内です。それをすぎると権利はなくなってしまいます。
なお、勤務先にて手続きするのが一般的のようです。
※標準報酬月額・・・被保険者が事業主から労務の対象として受ける報酬(給与)の額をいくつかに区分し、これを仮の報酬として標準報酬と定め、保険給付や保険料の計算の基礎とします。

 

年金から出るお金

国民年金の場合
遺族は「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれか1つが受給できます。
申請はお住まいの役所の年金課に必要書類を提出します。
手続きに必要なものは、故人の年金手帳、印鑑、除籍謄本、故人の住民票の除票と遺族年金受給者の住民票、死亡診断書、所得証明などです。

 

お葬式後に行う必要がある手続一覧

お葬式後の手続−免許証・保険証・各種会員カードの返却、年金の停止手続

お葬式後の手続−故人の預貯金の引き出し方、確定申告の手続、医療費控除

 

お葬式後のお金に関する各種申告関連

お葬式後の申告−高額医療費の払い戻しと生命保険から出るお金

お葬式後の申告−健康保険と年金から出るお金

お葬式後の税金・年金・保険の手続一覧

お葬式後の各種手続の方法−申請一覧

お葬式後の各種手続の方法−各種申請書の記入例

index


トップページへ

ニュース

2010/1/31
スペシャル対談の掲載期間が終了しました。たくさんの方々にご覧いただきありがとうございます。
2009/2/6
新着お葬式なんでもQ&Aを追加!

ピックアップ

特集:手元供養品
遺骨を納めるアクセサリー

用途リンク 教えてお葬式

ブログ


リンク

直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス東京
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス横浜
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス川崎
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス湘南
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス三重

直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス奈良
直葬をお考えの方へ 火葬のダビアス熊本

葬儀のこすもす 祈りと癒しの店 みかげのたま
葬儀のこすもす祈りと癒しの店
みかげのたまオンラインショップ

現代供養.COM現代供養.COM